NPO法人 富山のくすし
HOME
教育・研修・実践
活動の報告
お知らせ
会員募集と記録集
お問い合わせ


お問い合わせ

和漢薬をもっと知り、健康に役立てよう 〒939-0287 富山県射水市赤井95-1 TEL & FAX 0766-52-4314


理事長挨拶

薬師(くすし)とは、わが国における伝統的な医師の古称であります。
彼らは本草学の知識をもとに生薬を用いた治療をおこなっていました。
今日の様に医薬の分業がなされていない時代では、薬師は医術と同時に、広範な薬用植物に関する知識をもっていました。
富山で栄えた配置売薬業も薬師としての役割の一端を担ったものと言えます。

私達はこの薬都、富山において培われた「くすり文化」を更に発展させ、国民の健康・長寿に役立てるばかりでなく、次世代のくすり文化の担い手を育成することをめざしております。

新着情報

平成28年度第5回漢方医学と生薬講座のお知らせ


日   時 :平成28年9月24日(土)
1. 疼痛性疾患と漢方治療     13:30〜15:00
講 師  柴原 直利 先生
(富山大学和漢医薬学総合研究所・教授)

2. 日常に活かす東洋医学─ツボを用いたセルフケア─
                 15:15〜16:45
講 師  木村 真梨 先生
(富山大学和漢医薬学総合研究所)


          
場   所 :サンシップとやま 701
富山市安住町5番21号(TEL 076-432-6141)

受 講 料:正会員及び団体賛助会員     無  料

非会員(各回)          2,000円

連 絡 先:富山大学和漢医薬学総合研究所 生薬資源科学研究室内 
NPO法人富山のくすし支部 TEL 090-7748-2255

テキストは当日プリントを配布します。






富山のくすしの活動

私達NPO法人は次の4つの事業を行います。
それぞれの事業には富山大学の教職員・名誉教授、富山の製薬企業従事者、富山薬用植物指導センターの元職員など、この分野でのエキスパートが多数加わっております。

1. 和漢薬を有効利用するための教育、研修、実践事業
2. 和漢薬を利用した健康促進に関わる活動の支援事業
3. 薬用植物の栽培に関する研修および実践事業
4. 薬膳に関する教育、研修、実践事業


写真は富山大学和漢医薬学総合研究所の小松かつ子教授

役員

理事長    服部征雄

副理事長   小松かつ子 伏見裕利

理事     浅井省己 藤野廣春 門脇 真
       村上守一 柴原直利 土田貴志
       

監事     東保喜八郎 金田佳己
   

事務職員   老田尚子 幸 雅子

名誉会員   渡邉 裕司
教育・研修・実践活動の報告